カテゴリ:うちごはん( 40 )

インド風天ぷら・パコラ


a0039171_23132370.jpg

ちょっと前の話になりますがとれたてのお野菜の数々をいただきました。

さて、何を作ろう?と考えたとき
真っ先に思い浮かんだのは サラダよりも炒め物よりも 「…あ…パコラ…」 。

ベスン・パコラ。ご存知でしょうか?インドの天ぷらです。
ベスン(ベサン)粉ににスパイスを入れて作るのですが
数年前には某デパ地下で売っていたベスン粉を見かけなくなってから
家で作るのはあきらめていました。


a0039171_2362058.jpg
が。とにかくパコラへ一直線の気持ちになってしまったので(笑)
ネットで調べたところ、
ベスン粉=ガルバンゾの粉としているものも多かったので
(確かチャナ豆の粉と聞いていたのですが??)
乾物のガルバンゾをミルにガーっとかけて
果敢にチャレンジしてみました。



a0039171_2364818.jpg
ガルバンゾの粉に小麦粉を足して
塩・カレー粉・アジョワンシードを加えて
普通の天ぷらよりもったりした衣にして
好きな野菜にたっぷりからめて
じっくり中温で揚げるだけ。

さあどうぞ♪召し上がれ~
[PR]
by umix-cima | 2008-12-12 23:42 | うちごはん

一人まかない


a0039171_0255666.jpg


ある日のこと。
夕飯のおかず用に ふろふき大根の下ゆでをしながら
残った皮をお昼のおかずに転用。

コメ油(←加熱に強い)で じっくりこんがり炒めて塩をパラリ。 胡椒ガリリ。 以上。
一人まかない料理は切り方も実に大雑把^^;


でも、実はふろふき大根よりも こっちのほうが美味しいくらいでした。
旬の野菜の旨味って すごいですね。

体調イマイチで、スポーツもできぬ秋ですが その分食欲の秋に走っています。
[PR]
by umix-cima | 2008-11-12 01:13 | うちごはん

冬瓜が旬ですね


a0039171_23112461.jpg


体に優しい夏野菜、冬瓜。
夏に採れても、冬を越えて貯蔵できる為
中国でも冬カボチャ(冬瓜)と呼ばれていることが名前の由来だとか。
96%が水分で低カロリー。利尿作用に優れているのもうれしい食材です。

最近のお気に入りは文琳のシェフ・河田吉功さんの「冬瓜と干しえびの含め煮」です。


a0039171_23321417.jpg



冬瓜料理というよりも、旨味を含んだ春雨の方がインパクトが強いのですが
うちでは和の翡翠煮、中華の炒め煮が冬瓜料理の双璧です。


先日遊びに来た友人にも好評だったので、これ、簡単なんだよー!と口伝えしたら
あまりに大雑把な説明だったからか、見事に失敗との報告が…^^;
なので、こちらにアップしておきますね↓ 。

recipe*
[PR]
by umix-cima | 2008-09-03 00:26 | うちごはん

とうもろこしごはん


a0039171_057748.jpg


いちばんてっぺんまで、こーんなに実の詰まったとうもろこし。旬ですねぇ。
蒸かすのも焼くのも好きですが、「もろこしごはん」が食べたくなりました。


a0039171_9365173.jpg


白米+押し麦を研いで、気持ち多めに水加減したところに
(注:雑穀を入れない場合は普段どおりの水加減で大丈夫です)
とうもろこしの実を外し入れ、味だしの芯も一緒に炊き込みます。
あればだし昆布を入れてあげるとなおよろし。
もちろん炊飯器でもOK、
仕上げにお塩をぱらりと振って、ざっくり混ぜれば完成!です。

そのまま丸ごと入れて炊いたり
包丁で実を削っるやりかたもあり、それぞれおいしいのですが、わたしは
「炊けたらすぐに食べたい」のと
「甘くておいしい胚乳をつぶすのがなんとなく気が引ける」
ので、手で実を外してから炊いています。(こうして短く折ると外しやすくなります)


押し麦を入れたのは、たまたまいっぱいあったから(笑)
相性がベストな雑穀は「もちきび」。あの黄色い粒粒が一番お似合いです♪。


その晩、台所を覗いたダンナの第一声は
「お、今日はコーンライスだね!」
コーン…ライス…ですか。
ん、まぁ、とうもろこしのごはんだから その通りなんですが
コーンライスっていうと、バター乗っけたりバターで炊き込んだりしてそうですよね^^;

バター醤油で食べる気か?と思いきや、そのまま普通に食べてました。
↑それはそれで美味しそうですが…(笑)。

お後の楽しみ
[PR]
by umix-cima | 2008-08-11 09:51 | うちごはん

生きくらげ


めずらしく、生きくらげをみつけました。
実はきくらげって、鉄分が豊富。貧血気味の身にはうれしい食材です。

酢の物やスープもいいけれど、
乾物では味わえないプリプリ・コリコリ感を満喫するには、やっぱりこれでしょう!


a0039171_129859.jpg


「卵ときくらげの炒め物」

トマトを入れてもおいしいのですが、冷蔵庫になかったのでシンプルに。
例によって、その日の気分で味付けは変わるのですが
今回はこんな感じでした。けっこう美味しかったので、参考までに。


1.きくらげは食べやすい大きさにちぎり、少量の紹興酒と醤油をもみこんでおく。

2.一片のニンニクを刻み、半分を油で炒めて、香りが立ったところで
  塩、コショウと少量のナンプラーで味付けした溶き卵を投入。
  大きくざっくりかき混ぜて、一旦ボウルにもどしておく。

3.残りのニンニクを油で炒めて、隠し味程度に豆鼓醤を入れて、
  同様に香りが立ったところで、きくらげを投入。

4.ざっと炒めたら、2の卵を鍋に戻し、軽く炒めあわせて
  仕上げにほんの少々のごま油で風味をつければ完成!


豆鼓醤がなければ、刻んだ豆鼓でも。小さじ半分以下で充分風味付けになります。
(卵の色をきれいに仕上げたいなら、入れすぎないこと!茶色くなっちゃいます)
また、風味は変わりますがオイスターソースでもOKです。
あとは、いかに卵をふわっと炒めあわせるかが唯一のコツ。
最初に炒めるときは、↓コレぐらいゆるゆるの状態で、 
ボウルに移してしまうほうが無難です。

a0039171_152543.jpg


ちなみに、二人前で卵3個ときくらげ100g使用しました。
乾燥のきくらげでも、けっこういけますよ♪。
  

合いの手は
[PR]
by umix-cima | 2008-07-28 02:19 | うちごはん

ジミゴハン


a0039171_1952359.jpg



桜に浮かれてはしゃぎすぎた反動か 心身ともにお疲れモードの週明けです


こんな日は カップ麺でもすすって自堕落に過ごしたい…
そんな気持ちを抑えて お昼の仕度にとりかかりました


どうせ作るんなら、体に優しい物が食べたい…(食いしん坊のワガママ)
で、地味ながら滋味溢れる 「ジミゴハン」 に決定。


炊き込みご飯は にんじん、ごぼう、しいたけ、油揚げなど、ありあわせ食材で適当に。
しょうがを効かせた群雲汁には 車麩を入れてボリュームアップ。


文化鍋がカタカタ音を立て 狭いキッチンにお出汁の香りが広がる頃には
あ、やっぱり作ってよかった  という気持ちになるから不思議です。
私にとっては 料理自体が格好の気分転換なのかもしれません。



ほんっとうにどうにもならないときには、キッチンに立つ気力もないはず。
今日はこうして気分転換できたんだから、大丈夫、大丈夫。
と 自分に言い聞かせて、午後は粘土に向かいました。

*生まれたのは
[PR]
by umix-cima | 2008-04-07 22:32 | うちごはん

「きんめ鯛のセイジロースト」


a0039171_21495223.jpg


今日は前から楽しみにしていた「トラットリアごっこ」。
事前にメニューを伝え、似合いそうなお酒を持参してもらっての(笑) 楽しい午後でした。

家デートの時って、おしゃべりに夢中で、つい写真を忘れてしまうのですが
この一品だけはしっかりパチリ(笑)。


これはもう10年以上前…ハーブをたくさん育て始めた頃に買った
「北村光世のハーブ料理」という本に載っていたものです。


95年当時、金目は煮付けに限る!と思っていたのですが
これを作って、ええっ!?こんな簡単なのに豪華で美味しい!と驚き
同時に、ちょっと癖があるなぁ…と思っていたセージの美味しさにも目覚めました。
たぶん、バルサミコ酢を始めて使ったのもこの料理だったんじゃないかなぁ…。


北村光世さんの公式サイトはコチラです。
「北村光世のハーブ料理」と、「ハーブさえあれば」 は、私にとって
「おうちでイタリアン」のハードルを下げてくれた、思い出深い2冊です。

レシピ↓
[PR]
by umix-cima | 2008-03-01 23:14 | うちごはん

新米・ゆめみづほ


a0039171_1619281.jpg


とれたての新米「ゆめみづほ」

九月に入ってすぐ、金沢の友人から届きました。
初耳の銘柄ですが、石川県のブランド米なんだそうです。

こっちじゃなかなか食べる機会もないだろうから…と、
金沢の味覚をいろいろ取り合わせて送ってくれる心が嬉しいです^^*。

More
[PR]
by umix-cima | 2007-09-18 16:37 | うちごはん

十倍出し

a0039171_2243812.jpg


暑い時期の食事作りって、
「ちょっと手を抜きたい…」 と思ってしまうこともしばしばです。
特に煮物。
お出汁をとって、コトコト煮込んで…でも、主菜にはならない(笑)。

この夏、いつにも増してだらけモードだった私の救世主が 
仲良しのkeko37ちゃんからの関西土産便に入っていた 「こんぶ土居の十倍出し」 でした。

何がすごいって、原材料がすごすぎなんです!

a0039171_2250588.jpg


ここまで丁寧な原産地表示って、なかなかできませんよね?
それに加えて 「化学調味料無添加」のお出汁でも、あたりまえのように入っている
酵母エキスという表示がないことからも、
良質な素材にこだわったお味がうかがえて 封を切る前から、わくわくでした。

もちろん、お味は言うまでもなく…!!。
ここぞって料理の時にはこれで仕上げたい!ってくらい、いいお味でした。
燻した鰹節のスモーキーな風味まで感じられるって、すごいですよね。
うぅむ、さすが食い倒れの大阪…恐れ入りました。

十倍出しの名の通り、薄めるだけで、
お吸い物でも煮物でも、何でもござれの万能出しなので
これさえあれば、煮物もお吸い物も楽々です♪

そんなわけで
[PR]
by umix-cima | 2007-08-28 23:35 | うちごはん

エスニックでパワーを!

a0039171_1324071.jpg


いよいよ暑さも本格的。
幸か不幸か、夏だからといって食欲が落ちるわけでもないのですが
喉越しのいいものばかりに頼りがちになるのは事実です。

すくすく成長期を迎えたバジルを見ながら
これじゃいかん!と、 暑い国のお料理に新天地を求めました。

最初の予定は生春巻だったのですが、生春巻だと、+αの副菜が必要…
バインセオ(ベトナム風お好み焼き)が大好物なのですが
両方作るのはちょい面倒だ(←このあたりが暑さに負けてる感じ…)

そこで、がっつりワンプレートでお腹いっぱいになるナシゴレンに変更です。

a0039171_13243670.jpg


ちょうど、友人からのバリ土産セットがあったので、ラクチンにできました^^

More
[PR]
by umix-cima | 2007-08-08 13:32 | うちごはん