「好き」のチカラ

Yoko-Chin Band 初ライブ終了!!←TBさせていただきました♪

このブログにもちょこちょこコメントを下さっている、友人のkeko37ちゃん。
彼女が所属するビッグバンドの初ライブということで、
grand-roueさんを誘って赤坂まで遠征してきました!。

a0039171_12173346.jpg

「Enjoy your sound」のビジョンのもとに
一度も楽器に触れたことのない人でも、自分の好きな曲にだけ参加でもokという
太っ腹なこのバンドのライブは、ボサノバ・ジャズ・スカからクラシックまで何でもありです!。
だからって、決してやりたい放題の自己満足ではなく
要所要所に 「マエストロ」と呼ばれるプロの方々が参加してくださっているので
つかむところはぐぐっとつかみ、弾けるところはとことん弾けて!という構成なのがスバラシイ。

それぞれが選んだ曲を、楽しげに演奏する姿に、
「好き」が一番の原動力になるということを再確認。
途中には、全身で楽しさを表現するダンスタイムも織り交ぜて(腰の運動になったわ^^)
お祭りのようなわくわく感に満ちたライブとなりました♪。

a0039171_12333871.jpg

とはいえ、もちろん一番気になるのは、愛しのkekoちゃんのピアノ。

いやぁ…驚いた!。能ある鷹は爪を隠すというけれど、何で今まで隠してたの!?状態。
プロのミュージシャンとちゃーんと渡り合って、すご~い♪素敵~♪と
心地よくスィングする姿にうっとりなのでした♪。
本人のブログによると、頭の中が真っ白状態だったらしいのですが…とてもそうは見えず。
それも含めて、あっぱれkekoちゃん^^*と、惚れ直しました(笑)。





a0039171_12472088.jpg
もう御一方、惚れ惚れしてしまったのが
クラシックを演奏してくださったオーボエの彼♪
(…お名前を失念しました…kekoちゃん教えて^^;)

ピアノとのアンサンブルだったのですが、
演奏がはじまったとたん、お祭りのような空気が
一瞬にしてホールの静寂に…

心をとらえる音、とでもいうのでしょうか
演者とともに呼吸をしているような感覚を覚えました。

最初に書いた通り、
好きだという気持ちが、楽器の上達でも何でも
一番の原動力だと思います。
それが、ひとつのことを長く続けていく上で
何よりの支えになってくれる…とも。




でも、もうひとつ先には 年月や努力や経験…
様々なことを積み重ね続けている人だからこそ紡ぎだせる世界があるんだなぁ…
それは音楽に限らず、人によって生み出されるもの全てに共通するんだよね…
深みのある演奏を聴きながら、そんなことをしみじみ思ってしまいました。


その域に達すればいいとか、そうならなきゃ意味がないとかではなくて
今回のライブで目にした それぞれの場所の中心に、
変わらず 「好き」 が感じられたことが、なんだかとても嬉しくて
ほくほくの心で帰路についたのでした。


柔らかな音を紡ぐkekoちゃん、また聴かせてね♪
深さをもたたえた写真を見せてくださったgrand-roueさん、またご一緒しましょうね♪
非凡な才能を持つ友人達に感謝です。

何事に対しても「好き」というキモチ、大切にしたいですね^^わたしもがんばろうっと。
[PR]
by umix-cima | 2007-05-29 13:53 | 日々のこと
<< わらびを満喫 やっとあえたね、Green R... >>