今度は小豆


a0039171_1095177.jpg去る11日は、鏡開きでしたね。
その日は職場の陶芸教室で、オーナーさんが
お汁粉を振舞ってくださったので
家では鏡開きをせずに終わってしまいました。
だいたい、鏡餅が特小サイズの真空パックで
開くまでもないんです…風情のない核家族(笑)。

でも、北海道物産展で買っておいた
小豆がわたしを呼んでいる。
「奥さん、わたしなら一時間ほど浸水してくれれば
気をつかわなくてもすぐに美味しく煮えますよ~」

それもそうね、と、昨夜
おもむろに台所に立ち コトコト・コトコト…。
煮上がりの気配を感じたダンナはいそいそ餅焼き係。
とろりと柔らかくしたお餅もおいしいけれど
こんがり焼き餅が好みです(…ガンになるぞ^^;)




a0039171_1020657.jpg自分で煮た小豆は、
甘さの加減が自在なのがウレシイ。

一度ゆでこぼしてからお水を変えて
柔らかく茹で上がったら
三温糖を適当に加えてさらにコトコト。
お味見を重ねて甘さを調整…

かくして
「お豆の味もちゃんと残した甘さ」
に「かすかな塩気」を感じる、
おいしいお汁粉のできあがり~♪



はふはふ食べながら、ああ、やっぱり豆好きだわ~、と実感。
今手元にある乾燥豆は 小豆、白いんげん豆、パンダ豆、黒豆、レンズ豆、ひよこ豆
…おっと、好物の花豆を切らしてる!これは大変!(←何が?)
やっぱり「豆部」カテゴリ、作ろうかな(笑)。

煮小豆が残ったら、バニラアイスに添えて、ローストココナッツを乗せて
タイ風デザートにして食べようと思ったのですが…たぶん残らないだろうな…
それはまた別の機会にアップしますね。





 
昨年末、誕生日~クリスマスにかけて
たくさんの素敵なカードやプレゼントをいただいたのに
アップする間もなくどんどん時間が過ぎてしまってごめんなさい。

ひとつひとつを、○○さんからいただきましたというかたちばかりにせず、
暮らしを綴る記事の中に、皆さんからいただいたモノ達を登場させて
「こうして使ってますよ」というお礼メッセージとさせていただきますね^^

先週~今週、いろいろな検査があるので、脊柱への負担が大きい
パソコンは控えめにしておりますが
調子を見ながら少しずつご訪問しますので、よろしくお願いしますm(__)m。
[PR]
by umix-cima | 2007-01-14 10:54 | 日々のこと
<< ぬくぬくルームシューズ ピヨピヨ ひよこ豆 >>